ブログ機能 BiND Press


記事を投稿するだけでページが自動生成!

CMSとしても使えるブログ機能だからページの量産や更新が驚くほど楽に。

BiND Pressは、写真や文字を投稿すればページが自動生成されるCMS機能を搭載。従来なら更新に不可欠なページ作りが不要に。記事を投稿するだけでTOPのコンテンツがガラッと変わるので、見た目にも差別化できるオウンドメディアとしても活用できます。


BiND Pressでできること

CMSで効率よくサイト運用

ひとつの投稿から一覧/記事ページなどが自動生成されるのでコンテンツを充実させていくのに最適です。

表現豊富なレイアウト

ブロックレイアウト 新着情報レイアウト サイドバーに配置

新着情報をTOPページに並べる、インデックスを視覚的に見せるなど、目的に合ったレイアウトが選べます。

ブログ機能はスマホ対応

BiND Pressを組み込めばスマホから更新が可能。簡単なお知らせやキャンペーン情報をいちはやく発信できます。

※ スマホでの更新はBiNDクラウドの機能になります


スマホ対応で更新がかんたん

1. 記事を投稿

スマホやPCから「記事を編集」でBiND Pressを立ち上げて、記事を投稿。

2. 記事ページが完成

投稿内容が、1ページの記事になりブログ記事としてサイト内で閲覧できます。

3. インデックスが自動生成

記事インデックスに設定したエリアは自動的に更新されるので手間いらずです


テンプレートを使ってオウンドメディア!

BiNDのテンプレートを使えば、あらかじめブログページが組み込まれているので、自社の強みを活かしたコンテンツを作り、サイトをメディア化して人を集める「オウンドメディア」として、すぐにサイトを活用できます。

テンプレートで組み込まれてるから更新するだけ

サイトをオウンドメディアとして活用する場合、サイトTOPでの更新記事の見せ方が重要。おいしそうな料理の写真が頻繁に入れ替われば、ついチェックしたくなるサイトになります。ブログページが組み込まれたテンプレートなら、サイト内のページの紐づけが済んでおり、投稿すればOKなので簡単です。

サイトのTOPを魅力的に飾って、自社の魅力を最大限にアピールしましょう。

複数人数での更新もOK

PC操作の苦手なメンバーが多く、サイトの作成も更新も全部自分。負担が多くなかなか更新できない…。といった、問題もBiND Pressなら解決です。記事の投稿画面がまさにブログのようにわかりやすいので、PC操作が苦手な人でも更新可能。活用の幅が広がります。

※運用に必要な人数分のBiNDのライセンスが必要です。

更新の負担をひとりで抱えずに作業を分散できます。


既存ページにブログを組み込んで効率化

BiND Pressのブログ機能は、サイトの一部をCMS化して自分のやりやすいようにアレンジできるのが大きな利点です。製品紹介や事例紹介のような枠組みが同じフォーマットページにCMSを組み込めば、動線をいちいち整える必要がないので、飛躍的に更新作業がラクになります。

サイトの一部をCMS化して素早く更新

コンテンツの充実が重要と言われる中、Webの運用をいかに簡略化できるかが注目されています。それを実現するのがCMSです。BiND Pressは複数のブログページを用意して、ブロック単位で組み込むことができるので、“ブログ”という考えに縛られず、製品紹介や事例紹介のような枠組みが同じページなら自由にCMS化できます。

ページ全体をCMS化も可能。例えば新着ニュースや更新情報 ページ全体をCMS化も可能。例えば製品紹介や事例紹介 ページ全体をCMS化も可能。例えば店長日記や管理人日誌

どんなサイトにも必ずCMSに適している部分があるはずなので、積極的に活用しましょう。

BiNDで自由にデザイン可能

外部のブログをWebサイトに組み込むと、ブログ部分だけデザインが違うので浮いてしまう…。といったことがあります。BIND Pressなら、ブログの内容が反映されるエリアだけは細かくレイアウトできませんが、それ以外の部分はBiNDの機能を使って、自由にレイアウトやデザインが可能です。

ヘッダーやフッターを揃えられるので、サイトの雰囲気を壊さずにブログを組み込めます。

さぁ、今日からはじめよう! 

初年度無料・月480円+税 から使えるBiNDクラウドをいますぐ登録