BiNDを使って作ったユーザーサイト インタビュー:コーポレート編

コトスタイル株式会社

グラフィックデザイナーからWebデザインも行うデザイナーへ。
今では店舗出店から販促物まで請負う会社で、幅広い経験を活かしています。

専門知識のないところから、試しに始めたBiNDでのWeb制作。
あるときプロと間違われたことを自信に、Web制作も受けるデザイナーに成長。現在は店舗の出店を総合サポートする会社で、Webや紙などあらゆる販促物を制作する事業に携わっています。


Web制作のプロが作ったと思われたことが自信に

BiNDを使い始めたきっかけを教えてください。

当時、飲食店などを企画プロデュースする設計事務所で働いていたのですが、きっかけは、自社サイトを作るため外部に見積もりを取ったところ、とても高額で・・まずは自分たちでできる範囲でやってみて、難しければ外注しようとなりました。
私はグラフィックデザインの経験はありましたが、Webサイトは作ったことがないので、知識がなくても作れるツールを探していたところ、BiNDのデザイン性の高さが気に入って使い始めました。
結果、思っていた以上のことができて、制作時間もかからないので重宝しています。

サイト作りの初心者から、Web制作を発注されるまでに至った経緯とは?

他の方が作ったBiNDサイトの事例を参考にしながら試行錯誤して作り始めましたが、社内の他事業部からも作って欲しいと言われるほど高評価をもらいました。
おもしろかったのが、「会社のホームページ作成・運営にお金が掛かっているのでは?うちなら安くできますよ。」という営業電話を貰いまして。逆にプロが作った様に見られているのか、と自信が持てましたね。そうして徐々に、外部からWebサイトの受託制作もするようになったんです。もう20サイトくらいは作ったかと思います。


喜ばれるサイトを作るために、事前のヒアリングを徹底

福田さんの作るサイトは1つずつ全く異なったテイストです。どんな工夫をしていますか?

依頼者がどんなサイトを作りたいか、何を求めているのかをとことん聞き出し、それを反映したテイストにするように心がけています。制作の前にはオリジナルの50項目ほどのヒアリングシートを使って、例えば、芸能人だと誰にみてもらいたい?など答えやすいものも入れながら、依頼者の本心にある狙いを聞き出せるように努めています。
その結果それぞれが他にはないオリジナリティある内容のサイトに仕上がっているのだと思います。


試行錯誤しながらSEO対策も欠かさない。
サイトから新規の問合せも増え、お客さんも満足

実際にサイトを作ったあと、お客さんの反応はどうでしたか?

自分が制作したサイトは、SEO対策も欠かさず取り組んでいます。
たとえばCOUQというインテリアの卸業は、従来はリアルな人脈だけで販路を開拓していくのが主流で、当初は会社のホームページもなく、新規顧客を増やす課題を抱えていました。そこでインターネットを活用してその問題を解決できるのではないかと私から提案し、サイトを作ることになりました。
公開後10か月程で徐々にSEO対策の効果がではじめ、サイトから問い合わせが入るようになり、さらに2年後には「インテリア 雑貨 輸入」で検索1位になり問い合わせも急増、新規取引も成立して喜んでもらっています。


集客やブランディング。何を求めるかでサイトの内容も変わる

ホームページを持つ意味とはなんでしょうか?

以前私が携わっていた飲食業もそうですが、なかなかWebサイトまで手が回らない実態が日本にはたくさんあると思います。まだ重要性をそこまで認識していないと言いますか。でも小さなお店や会社、個人こそ、戦える武器はひとつでも多いほうがいいというのが僕の考えです。目的は集客だけでなく、お店の拘りをきちんと伝え、そしてファンになってもらう、というのもあると思うんです。なかなかお客さんと対面して一人ひとりに深く伝えられませんから。そんな時、食べログのようなポータルサイトだけでは独自の色が出しきれないので、やはりホームページは必要だと思いますね。

私のお客さんの中には、特にPCに不慣れな方もおられます。今後、クラウドを利用することで、別途サーバーの用意が必要なくなったり、サイトの更新もお客さんがブログを更新するようなシンプルさでできるようになったりすると、非常に魅力的だと思いますね。

「コトスタイル STORE TOOL」のTopページ

 

ロゴマークから名刺、チラシなどが揃ったコンプリート販促パック

 

紙だけでなくWebサイトまでをトータルデザイン

 

インテリア雑貨の卸売会社 COUQ(コーク)のサイト
この半年くらいで新規の問い合わせは60件にアップ

 

尺八演奏家 岩田卓也オフィシャルサイト
サイト公開後半年でレッスンの問い合わせが入るようになり、アーティストご本人もWebの効果を実感

福田大介さん

コトスタイル・デザイナー

大学時代に京都でグラフィックデザインを学んだあと、東京の設計事務所では飲食店等の販促品やロゴ、内装デザインを行う。その後独立して、BiNDを使ったホームページ制作を行うようになる。
現在では、コトスタイルの店舗の出店をワンストップでサポートするという理念に共感し、ウェブ・グラフィックデザイン事業の立ち上げに参画。集客・販売促進に活かすサービスを手掛けている。
コトスタイル株式会社

はじめてサイト作りにチャレンジした人から、デザイナーを含むベテランの人までが手掛けた、 ビジネスサイトや趣味のサイトなど幅広く紹介しているWebサイト・ギャラリー。